2010年4月アーカイブ

山梨の一升瓶ワイン

| コメント(0) | トラックバック(0)
山梨のワインメーカーは80社ぐらいありますが、ほとんどのメーカーが一升瓶ワインを瓶詰めしています。720mlと一升瓶ワインの中身は、多くのメーカーが同じです。中身は2.5倍なのに値段は2倍ぐらいの設定がほとんどです。良い事ばかりでなく酸化して酸味が増してきます。 できるならば一週間ぐらいで飲みきることをお薦めします。。酸化を防ぐには一升瓶から小さな瓶に移し替え、空気の触れる部分を少なくすることです。色づきや、酸化を防ぐには効果的な方法です。

貴腐ワイン

| コメント(0) | トラックバック(0)

1997年以来、5年ぶりの貴腐葡萄収穫となった2002年。素晴らしい貴腐葡萄を小樽の醗酵槽でじっくりと時間をかけて低温醗酵後、4年間のタンク熟成を経て瓶詰めしました。さらに約2年間の瓶熟期間を経た甘美で芳醇な味わいの贅沢な逸品です。1997年もおいしかったので、今度も期待が持てます

 

2SUNTORYKIFU2002.jpg 

色調は黄金色。貴腐ワイン特有の複雑で深みのある香りが豊かに立ち上がります。
その味わいは蜜のように甘美で芳醇です

山梨県甲斐市(登美の丘ワイナリー)
(自家ぶどう園産ぶどう100%)
【使用品種】リースリング 100% (収穫時の糖度は44%)
アルコール度数11.0%【生産量】788本
【容量】720ml

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、2010年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2010年3月です。

次のアーカイブは2010年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。