国内ワインコンクール

| コメント(0) | トラックバック(0)
例年山梨県で開催される国内ワインコンクール結果を受けての騒動の様子

八月六日に審査結果が発表されましたが、受賞たワインを求めてワインの愛好家は大忙しです。
1000本前後しかない金賞のワインはあっという間に売り切れました。
山梨県だけでなく日本中の方々が求める訳ですので取り合いになります

審査結果に一喜一憂するのは疲れます。多くの意見があるので参考にして下さい
①昨年一位だった銘柄が今年は圏外・・同じに作っているのになぜ?
②部門(ジャンル)が多すぎて絞りきれない
③審査結果が偏っている
④販売制限のあるワインが多すぎる
⑤審査員の個人的志向が結果に出すぎ

いろいろありますがぶれない個人の味覚を磨くことが何よりです
参考にしてみてください



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://wineyosi.com/MTOS/cgi-bin/mt-tb.cgi/472

コメントする

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このブログ記事について

このページは、山梨のワインと地酒 吉田屋が2013年9月 6日 15:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2013年国産ワインコンクールの結果」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。