国産ワインコンクールの最近のブログ記事

国内ワインコンクール

| コメント(0) | トラックバック(0)
例年山梨県で開催される国内ワインコンクール結果を受けての騒動の様子

八月六日に審査結果が発表されましたが、受賞たワインを求めてワインの愛好家は大忙しです。
1000本前後しかない金賞のワインはあっという間に売り切れました。
山梨県だけでなく日本中の方々が求める訳ですので取り合いになります

審査結果に一喜一憂するのは疲れます。多くの意見があるので参考にして下さい
①昨年一位だった銘柄が今年は圏外・・同じに作っているのになぜ?
②部門(ジャンル)が多すぎて絞りきれない
③審査結果が偏っている
④販売制限のあるワインが多すぎる
⑤審査員の個人的志向が結果に出すぎ

いろいろありますがぶれない個人の味覚を磨くことが何よりです
参考にしてみてください



2013年国産ワインコンクールの結果

| コメント(0) | トラックバック(0)
2013年8月6日 山梨県で今年のワインコンクールの査結果が発表されました。
例年通り山梨のワインの多くが受賞しました。特に甲州ぶどうから醸造された甲州ワイン白は、金賞7銘柄の内6銘柄が山梨産でした。

山梨のワインと地酒吉田屋では金賞をはじめ、銀賞・銅賞のワインを取り揃えました

2011年国産ワインコンクール

| コメント(0) | トラックバック(0)

2011年8月2日山梨県で2011年国産ワインコンクールの結果が発表されました。予想通り山梨の甲州ブドウで醸造された白ワインの辛口が多く受賞しました。

しかし赤ワインの部では長野県には及びませんでした。これは気候の結果で如何ともしがたいところです。もちろん栽培技術によって克服する努力は大切ですが、やはり得意分野の甲州ブドウをさらに磨いて国内はおろか世界に確固たる位置を築くことが、これからの方向であることを確信しました。

吉田屋ではこの甲州ワインを多く紹介しています。金賞だけでなく金賞に近い銀賞も掲載しています

ハラモヴィンテージ甲州シュール・リー2009

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

平成22年7月15日にハラモワインのハラモヴィンテージ甲州シュール・リー2009がアジア最大のワインコンクール「第13回ジャパンワインチャレンジ2010」で甲州種ワインの部で栄えある最優秀賞と最優秀日本ワイン賞に輝きました。勝沼のハラモワインは小さなワイナリーですが古き良きワイナリーとして地元に密着しています。

ハラモ甲州シュール・リー2009の販売はこちら

 

 syururi2.jpg        

ハラモヴィンテージ甲州シュール・リー2009

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

平成22年7月15日にハラモワインのハラモヴィンテージ甲州シュール・リー2009がアジア最大のワインコンクール「第13回ジャパンワインチャレンジ2010」で甲州種ワインの部で栄えある最優秀賞と最優秀日本ワイン賞に輝きました。勝沼のハラモワインは小さなワイナリーですが古き良きワイナリーとして地元に密着しています。

ハラモ甲州シュール・リー2009の販売はこちら

 

         

勝沼の甲州

| コメント(0) | トラックバック(0)

表示

2010年国産ワインコンテストでj金賞を受賞した蒼龍葡萄酒の勝沼の甲州です。

山梨の吉田屋では多くの受賞ワインを揃えています

国産ワインコンクール2010受賞ワイン

| コメント(0) | トラックバック(0)

山梨の吉田屋は日本国内のワインコンテストJapan Wine Competition

国産ワインコンクール2010の受賞ワインを販売します

690銘柄のエントリーがあり山梨のワインも多くの受賞が出るものと予想します。結果は8月3日に発表になりますので、最短で販売できるよう結果をお知らせします。2010年8月3日の夕方までお待ちください

2013年9月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち国産ワインコンクールカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは勝沼ワインです。

次のカテゴリは富士山ラベルワインです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。